ネイリストの収入アップ法の一つに「ネイルサロン開業」があります。
ネイリストとして特定店舗に勤務する事は安定的な収入確保にはなりますが、店舗の運営費用や人件費を差し引いた金額が給与として支給されますので、特に売り上げに貢献しているネイリストほど損をしている可能性も。

手取り収入を増やすため、すでに大勢の固定客を持つ人気ネイリストが独立するケースは決して珍しくありません。
このページではネイリストの自宅サロンや個人サロン開店と運営についてまとめています。

独立して成功するネイリストの特徴

独立して成功するネイリストは、当然ですがきちんとしたネイルの技術や知識、経験を持っている事が前提となります。
実績や経験を持たないネイリストがどれだけ頑張ってもリピーターは付きません。
まずは自分の技術を磨く事です。

さらにネイリスト検定1級ジェルネイル検定上級など上級資格の取得も顧客獲得に効果的。
サロンに認定証を飾っているだけで顧客に対して「これだけの技術を持っています」という直接的なアピールになります。
もちろん技術や経験がしっかりしているのはマスト。

さらにブレない個性コンセプト)やトークスキルなど新規客がリピーターになってくれるような魅力を備えていなければなりません。
「うちのサロンは派手で目立つゴージャス系が売り」
「ガーリーで可愛いデザイン専門」
「ハンドマッサージやネイルケアには絶対の自信がある」
など、ここだけは絶対に他に店には負けない、ここがうちのウリ、というものをしっかり打ち出しておくことで、リピーターが増えていきます。

必要経費をしっかり計算する

自宅サロンやネイルサロンを開店する際には、初期投資や運営に必要な費用が発生します。
自宅サロンの場合は約50万円、店舗を借りて運営する場合は約200万円前後の費用がかかるため、それら費用をどこから捻出するか、毎月の運営費を賄える程顧客が来店するかなど、経営センスがなければ長く営業する事は出来ません

特に客席数5席以下の小規模ネイルサロンでは、顧客にきめ細かいサービスを提供し客単価をあげたりリピーターを増やすなどの努力をしなければすぐに閉店に追い込まれてしまいます。
必要経費をしっかり計算し、毎月どれくらいの売り上げが維持出来れば運営できるのか、開店前に計算しておく必要があるでしょう。

売り上げが目標に届かない時

しっかりしたコンセプトと施術者の技術や知識があっても、最初からサロンが軌道に乗るわけではありません。
思ったように集客が出来ないと閉店のリスクもあります。
顧客の予約がない日に一日中暇を持て余すよりも、空いた時間にバイトや副業が出来ると効率的ですね。

派遣会社に登録して時間のある時に出張ネイルサービスの仕事やネイルチップ作成の仕事を請け負うと収入も安定します。
ネイルサロンを開店させれば収入アップになると短絡的に考えてしまいがちですが、上手くいかない事も多々あります。

売り上げが目標に届かない時は、一時的に副業をして凌ぐ方法もありますのでネイリストの求人情報をチェックしてみてください。